うん、そうだな。
愛情を持って、はっきりと断ろう。

もし、そうしない選択をしたならば、
応じることで経験する道を、
受け取る力を全開に発揮しながら、思いっきり楽しむべし♪

 

みんなのワーク内容より

お題:はっきりと断る[スタンダードバージョン]

 

人は時に、相手の「こうしてほしい」
という望みに対して、

自分の本心に従い、
すんなりと応じることがあれば、
はっきりと断ることもある。

 

じゃあ、はっきりと断ることに
フォーカスしてみると、
そうすることによって、
どんな良いことがあるんだろう。

頭を柔らかくして
色んな視点から、
価値を発掘してみよう☆

 

1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

 ・相手にいつまでも期待を持たせてしまう

 ・いつまでも、気になる(心が晴れない)

 ・次の行動がとりづらい

 ・後悔だらけの人生になってしまう

 ・押し付けられやすくなる

 ・自分の本心に嘘をつき続け、自己嫌悪に苛まれる
  →堕落の道を突き進んでしまう
   →進めば進むほど、後戻り(修正)が難しくなる

 ・ずるずると、物事を引きずってしまう

 ・できないことも、頑張ってやらなきゃいけなくなる

 ・あいまいになり変な期待をされてしまう。

 ・いつまでも気になってしまい余計なストレスになる。

 

2. 逆に、それがあるだけで、
実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

 ・頭を切り替えて、次の行動へ移れる
  →相手も次のターゲットへ移れる

 ・心が晴れ晴れする

 ・断るという選択肢を持っていることが分かり、ビクビクせず自信が持てる

 ・能力を超えたところまでやってしまうことが無くなる
  →自分の体力を保っていられる

 ・自分があまり欲しいと思っていない高額商品を買わされずに済む

 ・自分の気持ちを尊重できる
  →自分の本心に沿って生きることを選択できる

 ・ずるずると、物事を引きずらなくて済む

 ・できないことを、はっきりとできないと断ることで、負担が減るし、できる人に回せる

 ・断られた方はその相手に期待せず別の道に進むことができる。

 ・断った方はそのことについて考えなくてよくなる。

 

3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、
みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

 ・タイムスケジュールを決める

 ・断らないことの価値を見出す

 ・受け入れることの価値を見出す
  ⇒受け入れて経験する道を、ベストを尽くして楽しむ

 ・自分のキャパシティを上げる

 ・隙を作らない
  →そもそも、誘われることが無くなる
  ⇒そのために、無駄を省いて効率化を徹底する
   →誘い難いオーラを醸し出せる

 ・自分ができる範囲のものを、こなす

 ・いつまでも引きずっているなぁと、感じたら休む

 ・相手の気持ちをくみ取る。

 

4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、
その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?

 ・先祖
 ・両親
 ・友人・知人
 ・断ることが、必要な時・場所・場合
 ・人、人間関係
 ・頼みごと
 ・相手が誘ってくれたり、頼んでくれたりしたことに、感謝の意を示すこと
 ・自分のやりたい事がはっきりしている
 ・自分を尊重する
 ・相手に対する愛情
 ・なんでも言える関係
 ・好きではない事柄
 ・乗り気になれない事柄
 ・自分を大切にする気持ち
 ・相手を大切にする気持ち

 

s); })(); // ]]>

この記事の投稿者

中村 彰孝
中村 彰孝インスピレーター
東京で、IT関連のサポートや
セルフカウンセリング&セラピースキルの
レッスンをやっています。

投稿者のプロフィール