ふざけている訳では ないんです
ちょっと 笑って ほしかっただけ

同じ方向を ずっと向いてばかりいるから
ちょっと こっちを向いてほしかった

あまりにも 自分だけの世界を見ているから
こんな世界もあるんだよって
知ってもらいたかった

もちろん
他の手段も あったと思いますよ

でも 面と向かって

ほら 見て!
こっち こっち! って言っても

人って 意外と 無関心だったりするじゃない

だから
ちょっと 子供みたいなこと してみた

もしかしたら
くだらないことに 見えたかもしれないけれど

私の もくろみは 大成功

だって
ちょっと 心がゆるんだでしょ?

 

みんなのワーク内容より

お題:遊び心[スタンダードバージョン]

 

真面目で一生懸命!

その取り組む姿と表情は、
真剣そのもの。

 

でも、真面目過ぎて
ゆとりがなくなってしまうと、
ちょっと窮屈で
息苦しいかもしれない・・・

 

そんな時は、少し肩の力を抜いて、
子供のような遊び心を添えてみる♪

そうすると、
どんな良いことが起きるんだろう。

 

頭を柔らかくして
色んな視点から、
価値を発掘してみよう☆

 

1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

 ・お笑いの文化が発展しない

 ・息苦しくなる

 ・真面目に考えすぎて、疲れる

 ・ネガティブに掘り下げすぎるかも

 ・遊び心から生まれる、発想がない

 ・発想が広がらない

 ・気が休まらない

 ・頭がガチガチになる。

 ・真面目ばかりだと疲れる。

 ・息抜きができない。

 

2. 逆に、それがあるだけで、
実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

 ・小さな笑い、ホッする気持ちがする

 ・和む
  →お互いに良い印象がもてる
  →心がオープンになりやすい

 ・余裕を感じる

 ・こういうやり方も、ありかもー☆と、色々試せる

 ・堅苦しくならずに済む

 ・想像力が鍛えられる

 ・心にゆとりが生まれる。

 ・退屈な事ばかりの中でほっとできる。

 ・リラックスできる

 

3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、
みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

 ・ぼーっと、何も考えない時間を作る

 ・好きなグッズに囲まれて過ごす

 ・好きなことだけ、やりまくる

 ・思いやりの心を持つ。

 ・休憩をとる。

 

4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、
その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?

 ・工夫する人。

 ・柔軟な発想。

 ・余裕

 ・相手への思いやり

 ・空気感を読む

 ・緊張感

 ・土地の風習

 ・気温

 ・イメージ

 ・周りを楽しませたい気持ち

 ・場を和ませたい気持ち

 ・居心地の良さ

 ・効率良く物事を進めたい気持ち

 ・子供時代

 ・温暖な気候

 ・笑顔

 ・先祖

 ・両親

 ・先祖・両親から引き継いだ、考え方

 ・環境

 ・チャレンジ精神

 ・こういうのがあったら、面白いかもと思える気持ち

 ・脳

 ・シナプス

 ・血管

 ・ヘモグロビン

 ・心臓

 ・心筋

 ・右心房

 ・左心房

 ・右心室

 ・左心室

 ・目

 ・視神経

 ・網膜

 ・水晶体

 ・触覚

 ・味覚

 ・視覚

 ・聴覚

 ・嗅覚

 ・五臓六腑

この記事の投稿者

上田愛子
上田愛子セラピスト 薬剤師
私達は、辛い事や悲しい事があると、
その感情を心の奥底に隠してしまう事があります。
大きな痛みの記憶から、ちょっとした心のキズまで、
内側に閉じ込めてしまった想いが、人生そのものを滞らせる原因や
行動パターンになっていることが、実は多いのです。
ブログやセッションを通じて、心の内側にある原因に
気づいていただき、癒し、回復させるお手伝いをしています。

投稿者のプロフィール